『ノーサイド・ゲ-ム』2話ネタバレと感想!


1話から好評を得ていたドラマ。

2話になりラグビ-を通して君嶋隼人の考え方がどんどん変わっていく様子がまた見れました。

面白く飽きさせないですよね。

スポンサーリンク

『ノーサイド・ゲ-ム』2話ネタバレ

1話で上司に逆らって横浜工場に左遷され、しかも総務部長兼ラグビー部のGMを押し付けられた君嶋隼人はラグビー部の再建を決意します。

そのラグビー部再建の第1歩が新監督選びなのですが、ラグビー未経験者の君嶋にはどんな人物がいいかわかりません。

周囲の意見から頂点に立った経験のある人がいい問われるのですが、候補に挙がっていた2人はいずれも優勝経験がない方たちでした。

そこで君嶋は城南大学ラグビー部を3連覇に導きながらも更迭された柴門琢磨に目を付けます。

柴門にオファーする君嶋ですが、柴門は過去に監督のオファーを受けた際にダブルブッキングで断ったという経緯がありました。

君嶋はその件を謝罪し、再び柴門にラグビー部の監督になってほしいとお願いします。

柴門はラグビー部アストロズの選手1人1人に手紙を書きます。

その手紙には選手1人1人のプレーで柴門が気になった点が詳細に書かれているのでした。

その手紙で自分たちのプレーをきちんと見ている柴門の力量を感じた選手たちも柴門に監督になってほしいと申し出ます。

そして無事にアストロズの監督になった柴門はまずチームの結束を固めるために合宿をしたいと提案します。

しかし現状のラグビー部の予算ではとてもそんなことができないのでした。

そこで君嶋はまずチームの得点源ではあるが、タックルミスでの失点も多い2人の高給取りの外国人選手を切ります。

しかしまだま予算に余裕がある状態ではありませんでした。

スポンサーリンク

『ノーサイド・ゲ-ム』2話の感想

いよいよ君嶋とアストロズの戦いが始まったという感じです。

面白いのは君嶋が大学の同級生ではあるものの、これまでは全く接点がなかった柴門とラグビーを通じて再び出会ったというところですね。

この「ノーサイド・ゲーム」というドラマは単純なスポーツで強くなっていく過程だけではなくて、同時に企業としての利益追求をも考えないといけな点があるスポーツドラマであり、経済ドラマでもあるというところです。

次回以降の展開ですが、まず一番のネックになるのはラグビー部の予算でしょう。

まずこれをクリアしないと監督の柴門が考える合宿さえできない状況ですから。

あとどこかで監督の柴門と選手たちとの衝突もおそらくあると思いますね。

それと同時にカザマ商事買収案件の方も気になります。

私の個人的な興味としては君嶋の息子のラグビーのプレーぶりというのも気になります。

 

スポンサーリンク

『ノ-サイド・ゲ-ム』2話を見逃してしまった人

ドラマ『ノ-サイド・ゲ-ム』2話を、

たまたま家の用事をしていたが為に、見逃してしまった人

子供を寝かしつけていて、自分も寝てしまって見逃してしまった人

仕事の残業が長引いてしまって見逃してしまった人

こんな方の為に朗報です!

ドラマ『ノ-サイド・ゲ-ム』は、放送から1週間以内の最新話は「TBS FREE」という動画配信サ-ビスで無料視聴が可能です!

1週間を超えた場合や、まとめて見たい場合は「Paravi(パラビ)」という動画配信サ-ビスで見るのがおすすめです!

月額925円(税抜)がかかってきますが、他のTBS系の新作ドラマも見れたりするのでお得です!

 


スポンサーリンク
最近のコメント